フリマアプリの古い化粧品に要注意!

  1. コスメ
  2. 美容
  3. ネットで話題
  4. フリマアプリ
  5. 社会問題

最近、フリマアプリで購入した化粧品が古くて使えなかったというクレームが多発しています。明らかに10年以上前に発売されたものを売っている悪質なケースも。購入の際には、その化粧品の発売日や発売期間を調べることが必要です。

部屋を片付けていたら、10年以上前に購入したアイシャドーが出てきた・・・

なんと13年前の商品。現在でもコスメサイトでは定評のある商品だが、カネボウのテスティモは2008年から廃盤が決定し、後継のコフレドールに現在ではほぼシフトが完了しており、現在も売っているテスティモはアイブロウペンシル関係のみである。

←見苦しくて恐縮ですが、筆者の箪笥から出てきたボロボロのアイシャドウです。良い商品だったのですが…

まとめ筆者はこの商品に限らず、テスティモのアイシャドウの発色求め、カネボウさんの商品を某フリマアプリで探して驚愕する。

ほとんどが使用済み。仮に新品だとしても2006年発売の物であり、2008年にはブランド自体が廃盤になっていることから、現在販売されているものは仮に新品でも10年以上前の品になる。

ちなみに同じくテスティモの「フレームインパクトアイズ」も10年以上前に買ったもの。引き出しから出てきたが、ぱっと見大丈夫そうだが・・・

この、フレームインパクトアイズもフリマアプリでシレっと売られている・・・

現在カネボウさんのアイシャドウの主力は、KATEとルナソルだろう。テスティモの各種アイシャドウに似たテイストのものはKATEにも存在するので、同じものにこだわらず現在売られている商品を購入した方が無難。

買う人がいるのか?2005年に廃盤になった資生堂のピエヌまで売っている

ピエヌ - Wikipedia

ピエヌはマキアージュの前のブランドで、非常に人気があった。今の40代の女性が20代のころに流行していた化粧品だと思うと、たとえ未開封でも使用できるのか?怪しいものである。
ちなみに、現在ワタシプラスではアイブロウペンシルだけはピエヌの物が販売されている。
恐ろしいことに、20年ほど前に使っていた覚えがあるグロスと同じグロスの使用済みが売られているのを見て、まとめ筆者はめまいがした。

KATEやマキアージュなどは昔からあるブランドのため、ブランドの公式HPの生産終了情報、コスメの口コミサイトなどの廃盤情報を確認した方がよい。

こちらのKATEのメタルグラマーアイズは、2019年1月に生産が終了になった。この手の新品のものは買っても問題はないと思われる。公式サイトは何十年も前の情報までは掲載されていないので、口コミや質問サイトを利用するとよい。

出品者はいつ購入したのか、特に使用済みのものは出品にあたり明記した方がよい。

海外ブランドなども要注意です。詳しい人は商品を見ただけで古いものかわかる人もいるようですが、ブランド名に気を取られて酸化したような古いものを「安物買いの銭失い」にならないようにしたいものです。

また、出品者も購入者に安心して買ってもらえるように、いつのモデルでいつ買ったものか、最低限情報提供すると親切ですね。

心無い実態が分かっている人は買わない。製造日などを調べるよう警告する人も…

そもそも化粧品の使用期限は?

※ちなみに、化粧品ではなく画材としては古いアイシャドウや口紅、チークなどは使える場合があります。もったいないという方は絵具や色鉛筆として再利用されてみてはいかがでしょうか。

★関連まとめ★