知っておくと面白い。千と千尋の神隠しの都市伝説。

  1. 映画
  2. 宮崎駿
  3. 千と千尋の神隠し
  4. 都市伝説

都市伝説まとめシリーズ。千と千尋まとめとしては後発ですが後追いまとめではありません。あくまで都市伝説にフォーカスを当てて他にない内容を目指しています。豆知識ではなくあくまでも「都市伝説」です。信じるか信じないかはあなた次第m9っ`Д´) ビシッ!!

千と千尋のモチーフは?

千と千尋の神隠しのモチーフの都市伝説には2種類あります。

千と千尋の最初のシーンで既に千尋たちは事故にあって瀕死になっていた。

湯婆婆たちの世界を死後の世界と考えた人が思いついたのでしょうか。

最初に車にのって、道に迷うシーンがありますよね。
あの時点で、事故にあって瀕死の状態になり、三途の川を渡り、神がすむ世界に行った?(実際に三途の川がでてきます)

事故云々は別として、あの川野表現は私も三途の川っぽいなと思いました。
電車とかのシーン等、神の国というよりは死後の世界と思ったほうが納得がいきますね。

ハクの八つ裂きシーンについて色々と

あの世界は契約(ルール)がすべての世界なので湯婆婆と契約していたハクは最後に契約違反として湯婆婆の言葉に従い八つ裂きにされた。
そしてそのシーンが描かれていたという都市伝説です。

■ハクが契約に基づいて八つ裂きにされたという理由は公式ホームページから削除された言葉に有ったらしい。

実際に書かれていたかは謎である。これぞ都市伝説の基本パターンですね。

その契約を破ったはずの千尋が最終的に帰れた理由は?

「千と千尋の神隠し」は「もののけ姫」の続編!?

「千と千尋の神隠し」は「となりのトトロ」の続編?

駅で電車を見送る少女は火垂るの墓の節子?

うーん・・・節子がスカートはいている姿が思い浮かばないですね。

他にも電車のシーンではトトロのサツキとメイが乗っているという話もあります。

千と千尋の神隠しのモチーフと成った祭りが実在する

千と千尋の本当のラストシーン

千と千尋の神隠し本当のラストシーン
多くの人はトンネルから抜けだし髪留めがキラリと光り車を走らせて物語は終わり。だと思っているでしょうが本来この後には続きが存在します。ちなみに映像化、アフレコもされており公開当時映画館でも一部で実際に流されていました。
現在何故以下のラストシーンが無かったかのように扱われているかは謎である

・千尋が車の中で来る前に着けていた髪留めが銭婆から貰った髪留めに変わっていることに気が付き不思議がる(何故かは覚えていない)
・新居に向かう途中、丘から引っ越し業者が既に到着しているのが見え母親が「もう業者さん来ちゃってるじゃないのー」と父親に怒る
・新居に到着後、引っ越し業者の1人から「遅れられると困りますよー」と注意される
・千尋が1人何気なく新居の周りを歩いていると短い橋の架かった緑ある小川があることに気付く
・橋から川を眺めていると千尋は一瞬ハッと悟ったかのような状態になりこの川がハクの生まれ変わり、新たな住み処であることに気付いた?かのように意味深に物語が終わる

以上が千と千尋の神隠し本来のラストシーンです。今回の地上波放送でもこのラストシーンが流れることは恐らく無いでしょう

コレについて宮﨑駿さんのインタビュー記事から関連しそうなものを見つけました。

★関連まとめ★